誰もが一度や二度、何の為に生まれてきたのだろう?
何故、生きているのだろう?
そんな問いを考えた事があると思います。
皆さんはそんな問いをされたら、どのような答えを出しますか?

私は20歳で難病の一つ、潰瘍性大腸炎を患いました。
難病に指定されているだけあって、完治は今の医学では出来ない病気です。
うまく付き合えば、生活に支障はない病だったのですが
無理がたたり、最悪の結果を招いてしまいました。

全摘手術・腹膜炎・敗血症・MRSAと医療関係者であれば事の重大さがわかる事でしょう。

救急車で大学病院に緊急搬送され、約2年間ベットの上で過ごしました。 そのうち約1ヶ月は生死をさ迷い、人工呼吸器で生かされました。
 
私は何故、一命をとりとめたのでしょうか?
何故、生かされたのでしょうか?

その問いを毎日、2年間ベットの上で、考える「チャンス」をもらいました。

この当時の事を語りだせば、このページには書き足りません。

読んでいる方も大変でしょうから、この話はここまで・・・

この様な経験をし、何か自分にできる事はないのか?
未来の子どもたちへ何か伝える事はないのか?

そんな様々な想いが、NPO設立の根底にあるような気がします。

私はその想いを一歩だけ前に出してみました。

代表 下竹 重則

 

職場体験レポート
職場体験レポート
大手ISP様・大手通信事業様はコチラへ
大手ISP様・大手通信事業様はコチラへ
当社は、正規取次店
当社は、正規取次店